グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療のご案内

ホーム  > 診療のご案内  > 泌尿器科外来  > 泌尿器の病気について

泌尿器の病気について

腎・尿管結石

尿路とはおしっこの通り道のことであり、腎臓⇒尿管⇒膀胱⇒尿道のことを指します。尿路に出来た結石のことを尿路結石と呼び、結石の存在する部位によって腎結石や尿管結石のように、それぞれ名前が付けられます。
特に腎・尿管結石は疝痛発作(救急車を呼ぶほどの強い痛みの発作)を来したり、結石性腎盂腎炎といった外科的治療を要する尿路感染症の原因となったり、放置すると腎機能障害の原因になることもあるため注意が必要です。
治療方法は結石の成分、部位、大きさ、症状、経過時間、合併症等に応じて薬物治療、外科的治療を選択します。5mm以下の結石は自力での自然排石が期待できるため、手術治療になることは少ないですが、結石が1か月以上同じ部位に留まる場合は、大きさに関わらず手術治療の適応になります。
手術方法は開腹・鏡視下手術以外に、大きく分けて体外衝撃波結石砕石術(ESWL)・経尿道的結石砕石術(TUL)・経皮的腎砕石術(PNL)の3種類があります。体外から結石に衝撃波をあてることにより砕石する方法をESWL、尿道から逆行性に尿管あるいは腎まで内視鏡を挿入し、結石を内視鏡で確認しながらレーザーで砕石する方法をTUL、皮膚から直接腎臓に内視鏡を挿入し砕石する方法をPNLと呼びます。
尿路結石で特に問題となるのは腎結石と尿管結石ですが、結石の部位・大きさにより適応となる手術方法が異なります。
当院ではそれら全ての治療が可能であるだけでなく、一般の病院では治療困難な難治再発症例などにも対応しておりますので、尿路結石症でお困りのことがあれば当院外来にお問い合わせ下さい。
手術についてはこちら

腎臓がん

腎臓がんは、尿を作る腎臓の細胞ががん化したものです。腎臓がんの診断に最も重要な検査は、造影剤を用いたCT検査で、ほとんどの癌はこの検査で診断可能です。
治療の原則は、手術摘出です。術式としては、以前は開腹手術がほとんどでしたが、最近は傷が小さく回復が早い腹腔鏡手術が主流となっています。
ほかの臓器に転移している場合や手術で摘出できない場合には、薬物療法を行います。薬物療法には、分子標的治療、免疫療法があります。
手術についてはこちら

腎盂尿管がん

腎臓でつくられた尿は腎盂から尿管を通って膀胱へと送られます。腎盂尿管に発生するがんのほとんどは、その粘膜から発生する尿路上皮がんです。
腎盂尿管がんの診断には、CT検査、内視鏡で内部を観察する尿管鏡検査、カテーテル挿入による造影検査などが行われます。
転移のない腎盂尿管がんの標準治療は、手術療法です。術式は、腎臓、尿管、さらには膀胱の一部も含めた腎尿管全摘術が一般的です。最近では、傷が小さく回復が早い腹腔鏡での手術が普及しています。ほかの臓器に転移している場合、手術ではなく抗がん剤治療を行います。
手術についてはこちら

前立腺がん

前立腺がん腫瘍マーカーであるPSAが高値または直腸診で癌が疑われる場合は、積極的に前立腺生検を施行し、癌の早期発見に努めています。
当院は千葉市前立腺癌検診の2次精密検査協力機関に指定されています。
前立腺がんの治療は、手術、放射線、内分泌療法、無治療経過観察が選択肢となります。
手術についてはこちら

膀胱がん

血尿を主訴に当院に受診した患者さんのなかでは超音波検査や膀胱ファイバースコピーで膀胱内に癌が発見されることがあります。癌が発見されたときには、まず入院の上、膀胱内の腫瘍を電気メスで切除して、その腫瘍の悪性度と浸潤度を検討します。膀胱の筋層まで浸潤したものでは、膀胱を全て切除する必要があります。浸潤性のもので筋層までの浸潤が明らかではないものは、再度腫瘍のあった部を深く削って腫瘍の深さを診断します。膀胱筋層への浸潤がないものは、定期的(3月に一回)に膀胱ファイバースコピー検査を行い再発の有無をチェックしていきます。
手術についてはこちら

前立腺肥大症

加齢に伴い前立腺が腫大し前立腺肥大症になると、内部を通る尿道が圧迫されて尿の勢いが悪くなったり、頻尿になったりします。通常、まず前立腺部の尿道を広げて尿を楽に出せるようになる薬物療法を行います。この治療で改善が得られない場合は、経尿道的内視鏡手術を施行します。
手術についてはこちら

医療法人社団 誠仁会 関連施設

画像:みはま佐倉クリニック
みはま佐倉クリニック
画像:みはま成田クリニック
みはま成田クリニック
画像:みはま香取クリニック
みはま香取クリニック