グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



みはま佐倉クリニック

ホーム  > みはま佐倉クリニック  > 診療のご案内(泌尿器科・人工透析)

診療のご案内(泌尿器科・人工透析)

泌尿器科

主な疾患
前立線肥大症、過活動膀胱、神経因性膀胱、悪性腫瘍(前立腺癌、膀胱癌)、尿路感染症、尿路結石症、慢性腎臓病など広範囲の泌尿器科疾患を扱っています。

検査
・超音波検査―腎臓、膀胱、精巣などの異常を調べます。前立腺に関しては経直腸的前立腺エコーにて前立腺肥大や前立腺癌の有無を調べます。
・尿流量測定―前立腺肥大のような排尿障害を有する人の尿の勢いを調べます。
・尿道膀胱鏡検査―血尿の原因を調べる検査ですが、男性には比較的痛みの少ない軟性膀胱鏡を導入しています。
・前立腺生検―PSAが高値の人や前立腺の触診や超音波検査で異常を認めた人に対して入院して頂き検査を行っています。

治療
前立腺肥大症、過活動膀胱・尿失禁、尿路感染症に対しては薬物療法を中心に治療を行っています。悪性腫瘍などで手術や放射線治療が必要になる場合は東邦大学医療センター佐倉病院泌尿器科と密接に連携をとりながら診療を行っています。
成人女性で尿失禁治療薬が奏功しない過活動膀胱に対して磁気刺激装置を用いて治療を行っています。

過活動膀胱に対する磁気刺激装置TMU-1100が導入されました。

磁気刺激装置

尿失禁治療薬が奏功しない、あるいは副作用のため使用できない成人女性の過活動膀胱患者の症状改善を目的として、主に骨盤底領域の神経の刺激を行う磁気刺激装置が院内に導入されました。従来国内では医師が海外から個人輸入した装置(ネオコントロール)が用いられていましたが、健康保険が適用されず自費での治療でした。しかしこの装置は国内で開発され、有用性が確認されて今年の4月から保険が適用されました。着衣のまま座って刺激が行える非侵襲的な治療法です。

1.対象となる患者
尿失禁治療薬を12週間以上服用しても症状が改善しない、あるいは副作用のため尿失禁治療薬を使用できない成人女性
2.治療が受けられない患者
・植え込み型心臓ペースメーカー、植え込み型除細動器等の医療機器が植え込まれた患者
・人工膝関節や人工股関節などの金属インプラントが植え込まれた患者
・腰部から下肢にかけて刺青等の金属粉が使用されている患者
・妊婦または妊娠している可能性のある患者
3.実際の治療法
  着衣のままで治療用のいすに腰掛けるだけで痛みを伴うことはほとんどありません。刺激は患者さんが出来るだけ我慢できる刺激強度で行い、患者さんにあわせて0~100%まで強度を変更できます。一回の治療時間は25分で週2回、6週間(合計12回)行います。

診療時間のご案内

日曜・祝日・土曜日の午後は休診とさせて頂いております。
診療時間については、以下の表をご覧ください。

時間帯診療時間曜日
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日・祝日
午前 受付時間
8時30分~12時00分
診療時間
9時00分~終了
×
午後 受付時間
13時30分~16時00分
診療時間
14時00分~終了
××

泌尿器科外来担当表

【現在~2017年12月31日迄】
※太平医師は、糖尿病・肥満腎症外来(紹介制)です。
午前安藤鬼塚加藤永川永川宋本/
杉﨑
午後永川鬼塚永川安藤永川
※太平

【2018年1月以降】
※太平医師は、糖尿病・肥満腎症外来(紹介制)です。
午前安藤鬼塚加藤永川永川杉﨑
午後永川鬼塚永川安藤永川
※太平

お持ち頂くもの

  1. 保険証(各医療証)
  2. 診察券(お持ちの方のみ)
  3. 紹介状・診療情報提供書(お持ちの方のみ)

※保険証をお持ちにならない場合は実費扱いとなります。

人工透析

慢性腎臓病の管理、透析に必要なシャントの作成、透析の導入および維持透析まですべて当施設でおこなっております。透析室では個々のスペースを十分に確保し、ゆったりとした治療環境を提供しています。薬の処方も患者さんの利便性を考慮し院内処方で対応しています。
 シャントトラブルに対しては、院内でPTAや手術にて適切に対応しています。また、突然の体調不良に対しては24時間当院のスタッフがいつでも対応できるよう準備しています。
 夜間透析、オンラインHDF、長時間透析にも対応しており、通院困難な方には送迎も実施しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

診療時間のご案内

診療時間のご案内曜日
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
午前 8時20分~×
午前 9時30分~×
午後 13時20分~×
夜間 16時00分~××××
夜間 18時00分~××××

※人工透析の初診の方は、あらかじめ予約が必要となります。

予約方法

1.事前に電話でのご予約をお願いします。
電話番号:043-461-2111
2.通院されている病院で、診療情報提供書を用意してもらって下さい。
3.保険証(各医療証)、特定疾病療養受給者症、身体障害者手帳、紹介状を窓口へご提示ください。
4.入院中の患者さまは、事前に窓口でお申し出ください。

その他 ご留意点

1. 保険証等の確認について
当院では月に1回保険証の確認をお願いしています。又保険証の内容が変更になった方、 住所、氏名、電話番号等が変更になった方は、窓口へお申し出ください。
2. 診察券について
診察券は診療を受ける時に必要ですので必ずお持ちください。
診察券をなくされた方は、窓口へお申し出ください。有料(1枚100円)となりますのでご了承ください。
3. 文書の依頼について
診断書等医師の証明が必要な場合は窓口にお申し出ください。
4. 車椅子について
車椅子は正面玄関入口右側に用意してありますので、ご利用の際はお申し出ください。なお、車椅子用トイレは、1階にございます。

担当医師のご案内

永川修
  • 日本泌尿器科学会専門医
  • 日本泌尿器科学会指導医
安藤研
  • 日本泌尿器科学会専門医
  • 日本透析医学会専門医

他医師による交代制