グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



法人のご案内

ホーム  > 法人のご案内  > 部門紹介  > ME部  > ME部の主な業務

ME部の主な業務

新たな医療機器の安全運用管理業務について

平成19年4月1日より施行された改正医療法に定められた医療機器安全管理責任者として、当会理事会より臨床工学技士が任命され、本院、各分院に医療機器安全管理責任者を配置、誠仁会全体の医療機器の安全な運用を目指し業務を開始しています。また、平成22年度4月1日より施行された、透析機器安全管理委員会、透析液安全管理責任者も臨床工学技士で組織しています。


血液透析の安全運行・透析システムの運転及び保守管理

透析関連機器全般(水処理装置、透析液供給装置、透析用監視装置など)の操作、保守・管理

透析液清浄化管理(生菌数、エンドトキシン活性値およびバイオプローラによる生菌数検査等)

  • 上水系:水道水の供給システムの管理
  • 電気系:漏電ブレーカの管理など
  • 透析中の安全管理(患者の状態観察、監視装置の点検、使用器材の点検など)
  • 事故とその対策(停電や地震等の災害時対策、システムや機器・器材のトラブル時の対処)

透析治療の補助・準備

  • 使用器材の在庫管理(透析器、血液回路、透析液原液、生理食塩水、置換液など)
  • 透析開始準備(プライミング・セット)
  • 抗凝固剤の投与量の管理
  • パソコンを用いた透析関連データの管理(血液検査、心電図、胸部X線写真、薬剤の処方など)
  • 治療条件の設定および操作
  • 透析開始及び終了業務(穿刺・返血)
  • 薬剤の投与等(鉄剤・エリスロポエチンなど)

ME機器の保守・管理

輸液ポンプ、シリンジポンプ、心電図モニター、自動血圧計、AED、人工呼吸器、医療ガスなど

手術室関連機器の保守・管理

電気メス、内視鏡、心電図モニター、麻酔器など

他の血液浄化法の準備、機器の管理、data管理

HDF、LDL・アフェレーシス、LCAP、GCAPなど

スタッフの研修

新任医師、新人ナース、新入ME部員など

新規購入器材及び機器の検討、推薦

  • 新機器の検討及び評価
  • 機器の改良
  • ダイアライザ等新製品の性能評価
  • データベースを用いた種々のデータ管理・主に院内使用のソフトウエアの開発など
  • 臨床研究

新機器のメーカーとの共同開発

NIPRO社製とSPM-1、SPM-2の共同開発を行い現在発売中です。

臨床実習

臨床工学技士養成校からの臨床実習の受け入れ