グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



法人のご案内


ME部

ME部のご紹介です。


所属長あいさつ

スペシャリストとして透析液の質を守る

所属長 内野順司

わたしたちME(Medical Engineer:臨床工学技士)部は、院内のすべての医療機器の保守・管理を担当しています。そのなかでも特に「水処理装置」「透析液供給装置」「監視装置」など、透析治療の心臓部ともいえる部分の管理を行っています。基本理念として心がけているのは血液浄化のスペシャリストとして、知識と技術の研鑽を図り、患者さまに還元するということ。つまり、より質の高い透析治療のあり方をめざすということです。そのため、国内だけではなく、海外も含めて最先端の現場を見て、「もっといい治療ができないか」「より質の高い透析液をつくる方法がないか」と常に模索しています。2011年に新築移転した際にも、処方透析や電動車イスのまま乗れる体重計など、国内外で見聞きし、「良い」と思ったものを取り入れました。こうした姿勢と改善の積み重ねが評価されてか、当法人で使っているマニュアルは学会などで発行されているマニュアルの参考にも用いられています。

明日の治療のための研究・開発

現在、当法人のME部には50人もの臨床工学技士が活躍しています。これだけの大所帯となっている理由のひとつは、日々の管理業務だけではなく、研究や開発にも力を入れているからです。たとえば、当院の透析室にも導入されている監視装置は、メーカーと共同研究を続けてきた結果、開発されたものです。これは透析が安全に行われているかを監視するための装置で、もし、ミスがあればアラームが鳴り、次のステップには進めないようになっています。このほか、動脈硬化や骨代謝、透析液の清浄化など、大学病院の研究者や企業などとの共同研究も、当院の開設当当初から続けています。医療に100%はあり得ないかもしれません。しかし、より安全性を高めるために、ME部として、「誰が行っても失敗しない、重篤なミスにつながらないシステムをつくる」ことをめざしています。