グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



法人のご案内

ホーム  > 法人のご案内  > 部門紹介  > ME部  > ME部員の声

ME部員の声

平井宏明(帝京平成大学 現代ライフ学部 情報サイエンス学科 臨床工学コース 2012年卒業)

私がみはま病院に入職して4カ月が経ちました。初めはわからない事ばかりで、指示された業務をこなすので精一杯でしたが、先輩方から優しく、時に厳しい指導と研修制度のおかげで徐々に業務をこなせるようになりました。
みはま病院は勉強会や研究を盛んに行っているので知識や技術を身に付けるには最適な環境だと思います。まだまだ先輩に頼ってばかりですが、少しでも早く高い知識と技術を身に付け、急なトラブルでも適切に対応でき、患者さんに信頼される臨床工学技士になりたいと思います。

図子田圭佑(帝京短期大学 臨床工学コース 2011年卒業) 

今年の4月から当院で働き始め、早4カ月が過ぎ、まだまだ未熟ではありますが、日々の業務の中で行えることも増え、様々な学会や勉強会に参加させていただくなど、臨床工学技士として成長しているのではないかと実感しています。自分はまだ先輩方のように的確かつ素早い処置がまだ出来るわけではないので、少しでも早く先輩方に追いつけるよう、日々勉強を重ね、患者様からも信頼される臨床工学技士になりたいです。

平山香織(千葉科学大学 危機管理学部 防災システム学科 2010年卒業)

私がみはま病院に入職して2カ月半が経ちました。当院では新人研修制度や研修マニュアルがしっかりしています。また、先輩方には優しく、厳しく、丁寧な指導をしていただき徐々に業務をこなせるようになりました。日々学ぶことも多く、研究や勉強会などが活発に行われているので知識・技術を身につけるための環境が整っていると思います。
今は自分のできる業務をこなすことで精一杯ですが、患者さんにも先輩方にも信頼される臨床工学技士になれるように頑張ります。

榎邦明(帝京平成大学 現代ライフ学部 情報サイエンス学部 臨床工学コース 2010年卒業)

私がみはま病院に入職して3カ月が経ちました。入職当時はルーチンの流れを把握しておらず、先輩方の指示なしでは行動に移せない状況でした。しかし、研修マニュアルに沿った先輩方の丁寧なご指導によって少しずつですが業務を行えるようになってきたと思います。先輩方のように業務を行えるようになるにはまだ時間がかかるかもしれませんが、常に向上心を持って業務にあたり、先輩方の業務に対する取り組みや日々の業務から様々なことを吸収して患者さんのためになれるように努力していきたいと思います。

竹澤和也(帝京平成大学 現代ライフ学部 情報サイエンス学部 臨床工学コース 2010年卒業)

私は4月より、みはま病院に入職しました。みはま病院では、勉強会や学会発表等が活発に行われ、知識・技術を磨くためには最適な場所であり、臨床工学技士として活躍できる病院だと思いました。
当院では、研修マニュアルがあり、それに沿った指導、講義があり充実した新人研修制度があります。しかし、私は覚えも遅く至らない点が数多くあり、その度に先輩から的確なアドバイスをもらい、また勤務外にも関わらず遅くまで練習等に付き合っていただき、本当に感謝でいっぱいです。私にとって仕事に情熱を燃やし、何でもできる先輩方の姿はとても輝いて映り、早く先輩方のようになりたいという目標もできました。この目標を実現させるために日々の業務をただこなすだけではなく1つ1つの業務の意味を考えながら仕事に臨んで行きたいです。

青木芳隆(東京工科大学 バイオニクス学部 バイオニクス学科 日本工学院専門学校臨床工学専攻科1年制 2009年卒)

みはま病院では臨床工学技士がチーム医療の一員として理解されているのと透析業務だけでなく、技士会が主催する勉強会や日本透析医学会などに積極的に参加しています。
入職してからマニュアルをもとに基礎から教えてくださった先輩方のおかげで研修期間を終えることが出来ました。これからも臨床工学技士として患者さんと向き合い、積極的に知識や技術を磨きたいと思います。

倉持貴(帝京平成大学 現代ライフ学部 情報サイエンス学科 臨床工学コース 2009年卒業)

私がみはま病院に入職して4カ月が経ちました。始めはなにをしていいのかわからず、言われたことをこなすので精いっぱいの日々を過ごしていました。しかし、時に優しく、時に厳しく指導してくださる先輩方のおかげで研修を終えることができました。みはま病院は患者さんのためにそれぞれが研究や勉強を行っており、知識や技術を身につけるのにとてもいい環境だとか感じています。
まだまだ、臨床工学技士として知識も技術も未熟で、日々の業務をこなすので精いっぱいですが少しでも先輩方に近づけるようにしていきたいと思います。

高岡雄太(東京電子専門学校 臨床工学科 2008年卒業)

今年の4月からみはま病院で働き始めた髙岡です。入職したてのころは先輩方について回るだけでし たが3カ月の研修期間を終え、ようやく臨床工学技士として第一歩を踏み出したばかりです。みはま病院では研究・勉強を積極的に行っており、透析患者さんのよりよい生活のために役立てています。私は今業務をこなすことで精一杯ですが、今を作り上げた先輩方を見習い、今よりももっと患者さんの生活を向上できるような環境を作っていける臨床工学技士を目指していきたいと思っています。