グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



法人のご案内

ホーム  > 法人のご案内  > 部門紹介  > 栄養部

栄養部

栄養部のご紹介です。
栄養部理念である、「喫食者に喜ばれ、安全な食事の提供」をモットーに、日々精進しております。


所属長あいさつ

所属長 設樂 悦子

食事は、栄養を摂取して健康維持増進するだけでなく、食べる楽しみ、季節を感じ生きる喜びにつながります。
このような大切な食事に関わる栄養部のスタッフ(管理栄養士2名・調理係9名)は食いしん坊揃いです。治療の一環で制限のある患者さまにも食事をおいしく楽しみにしていただけるよう創意工夫に日々精進しております。また管理栄養士は、病棟や透析室を訪問し患者さまと気軽に食事の話をしながら栄養面からサポートしております。

業務案内

栄養部の主な業務は、患者さまの栄養指導・栄養管理、入院患者さまとスタッフの食事提供です。
患者さまの食事は治療の一環として重要ですので、効果を高めるためにも個人対応して喫食率100%を目指してしています。スタッフには活力源・気分転換ができるような食事提供を心がけています。

食事提供業務

厚生労働省「大量調理マニュアル」に従った調理・衛生管理を行っています。管理栄養士・調理スタッフは、朝礼にてその日の献立・食材・食数などの把握や連絡事項を確認します。家庭的な味で提供できるよう調理済食品を使用せず手作りし、季節感や行事を取り入れた食事作りに努めています。患者さまの食事は個々の身体状態・ご要望により食品の選択・形態・食器などを可能な限り適したものを提供しています。

栄養指導・栄養管理

医師・看護師・臨床工学士・薬剤師等の多職種の専門スタッフがそれぞれの知識・情報・技術を共有し患者さまにより良い医療を提供できるよう努めています。透析患者さまには、月1回の栄養回診を医師と行っています。管理栄養士の立場として、患者さまの栄養状態・生活スタイルに合わせ現実的で具体的な食事の改善・工夫ができるようなアドバイスを心がけています。毎日の食事に実践でき継続することが大事だからです。

貸出したデジタルカメラで食事を撮影していただき、その写真でご説明する方法があります。食事の写真の隣に栄養価の数値とダイアグラムが表示してあるので、過不足がわかりやすく患者さまに好評です。また、患者さまに最新の情報を提供するため、他職種の協力を得て研究や学会・臨床栄養研修会に積極的に参加しています。

食いしん坊倶楽部

誠仁会の管理栄養士・栄養士が「食」に関する掲示物を月1回発行しています。
患者さま・スタッフが「食」に興味を持ち、大切さを知っていただきたいとスタートしました。いろいろな題材を取り上げ2012年10月に90号となりました。