グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



法人のご案内

ホーム  > 法人のご案内  > 部門紹介  > 薬剤部

薬剤部

薬剤部あいさつ

 安全・安心の医療を求める社会のニーズは高まり、医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進が図られる中で、薬剤部は患者さんのために何ができるかを常に考えながら薬剤師の業務を遂行しています。また、チーム医療の一員として、患者さんや医療スタッフから信頼される薬剤師を目指して、常に日々の業務に取り組んでいます。
 現在、誠仁会には4施設合わせて16名の薬剤師が在籍し、それぞれの施設で薬剤師としての職能を発揮し、安全な薬物療法への貢献を目標に掲げて活動しています。患者さんの視点に立ち、患者さん一人ひとりに適した安全で安心な薬物療法を提供できるよう、より一層努力を続けていきます。

薬剤部の理念

薬剤師としての責任感・使命感を培い、チーム医療の一員として一層社会に貢献して行くことを目標として掲げています。薬剤師が患者さんのために何ができるかを常に考え、向上心を持って症例検討のカンファレンスおよび医療安全・感染対策をはじめとする各種委員会や研修に積極的に参加しています。

業務紹介

1. 内服薬・外用薬の調剤
医師が記載した処方箋に基づきお薬を調剤します。その際、患者さんの年齢・性別・症状などからお薬の量や種類が適切であるか、他のお薬との相互作用の問題がないかをチェックします。ここで疑問な点があれば医師に情報提供・問い合わせを行います。
2. 注射薬の調剤
医師による注射薬処方箋に基づき注射薬を調剤します。入院患者さんには、毎日1日ごとに一人一人の注射薬を揃えて病棟看護師に引き継ぎます。その際、投与方法・投与量・投与期間や相互作用などのチェックをします。
3. 医薬品の情報提供
患者さんが安心してお薬を使用することができるよう、適正使用情報・副作用情報・相互作用情報などを収集し、医師や看護師等に情報提供をしています。また、患者さんからのお薬に対する問い合わせにも応対しています。
4. 薬剤管理指導
入院患者さんに対し、使用しているお薬の服用方法や、副作用・相互作用などの注意点を説明する業務です。入院時、他の医療機関から処方されているお薬や、普段から使用している健康食品などを伺って、当院からお薬を処方する際に相互作用などの問題がないか確認します。
5. 医薬品の管理
お薬の品質を管理するため、使用期限のチェック、温度や湿度などの保存状態を管理することも重要なことです。また、過不足なく患者さんにお薬をお渡しできるように、常に適切な在庫を確保するよう心がけています。