グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



法人のご案内

ホーム  > 法人のご案内  > 部門紹介  > 事務局

事務局

事務局部長挨拶

事務局部長 武田稔男

事務部門の主な仕事は、診療がスムーズに行えるよう、職員が働きやすい環境を整え、病院を運営することです。病院を裏から支えるような役割ですから、受付・会計の職員以外の事務職員は、なかなか患者さんに接する機会はありません。しかし、診療と事務はお互いに車の両輪のようなものであリ、泌尿器科と人工透析の専門病院として「自分たちが出来る最良の医療を提供する」というゴールは、わたしたちにとってもやはり同じです。そのために、自分たちは何をすべきかを考え、行動にうつすよう努力しています。

業務紹介

事務局は、本部である総務部(人事課・庶務課)・診療支援部(地域連携課・情報管理課)・経理部(医事課・経理課)と、各分院事務で構成されています。
総務部は、行政や地域との関係から発生する業務、職員の給与・福利厚生・病院職員採用などの人事に関すること、患者さんの送迎に関すること、病院で使用する薬剤・診療材料などの購入、病院の建物、駐車場の維持管理に関すること、診療情報に関すること、その他病院運用に関することなど、病院運営に不可欠な多岐にわたる業務を行います。
経理部は、病院の予算・決算、各種支払、資金管理など経理に関することを、医事課は、入院・外来の受付、料金計算及び管理、診療報酬の請求、施設基準に関すること、地域連携に関すること、公費負担医療等患者支援に関することなどを担当しており、直接患者さんと接する機会も多く重要な役割を担っています。
各分院事務は、ここまで紹介してきた業務を施設ごとに実践することで、最良の医療を提供し続けるための一翼を担っています。