グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療のご案内  > 尿路結石治療センター

尿路結石治療センター

体外衝撃波結石砕石術(ESWL)

体外から衝撃波を結石にあてることで結石を砕く方法です。
利点は麻酔が不要であること、身体への侵襲が小さく内視鏡手術と比較し合併症が少ない、あるいは軽微であること、入院期間が短いことなどが挙げられます。当院ではドルニエ社製のデルタⅡという機械が手術室内に配置され、清潔な環境下で治療が受けられます。本機の特徴は非常に破砕力が強いことであり、当院の成績としては有効率93.6%、一つの結石の治療終了までにESWLを行った回数は平均1.25回、1回の治療で完全に排石した率は74.5%、合併症は腎被膜下血腫4例(1.2%)のみ、と非常に良好な治療成績を示しております。
欠点としては、本治療は結石を割ることだけしか出来ず、体外に結石を摘出することができないため、部位・大きさによって治療の適応が限られることです。当院では原則的に腎結石は15mmまで、尿管結石は10mmまでを適応としており、それ以上の大きさの結石に対してはTULかPNLを行っています。
当院では入院期間が1泊2日で、入院当日に手術を行い、翌日午前中に退院が可能です。

病気についてはこちらの腎・尿管結石についてをご覧ください。

ドルニエ社製のデルタⅡ


経尿道的結石砕石術(TUL)

尿道から逆行性に尿管あるいは腎まで内視鏡を挿入し、結石を内視鏡で確認しながらレーザーで砕石する方法です。
利点はESWLと異なり、結石を割るだけでなく、割った砕石片を回収することができる点です。そのため比較的大きい結石も適応となり、当院では25mmまでの腎結石は対象としています(20~25mmは結石の体積、位置を考慮してTUL或いは後述のPNLを選択します)。また、ESWLで排石率の低い下腎杯結石(腎臓の下方に存在する結石)も良い適応となります。また、抗凝固薬(血液をサラサラにする薬)を内服した状態で手術を実施可能です(ESWLでは抗凝固薬の休薬が必要です)。
欠点としては、麻酔(腰椎麻酔或いは全身麻酔)が必要なこと、ESWLと比較すると身体への侵襲がやや大きいこと、入院期間が長いこと、術後に尿管ステント留置(当院では全例術後に尿管内に腎臓から膀胱にステント(細い管)を約1週間留置します)が必要なことなどが挙げられます。
TULは使用する内視鏡の違いでr-TULとf-TULの2種類に分けられます。前者では金属の硬い(rigidのr)内視鏡を使用するのに対して、後者は胃カメラのような軟らかい(flexibleのf)内視鏡を使用します。硬い内視鏡は軟らかい内視鏡と比較し細いこと、単独で上部尿管まで挿入が可能であることなどが利点ですが、内視鏡自体が曲がらないため腎結石までは到達不能であること、レーザーを当てる角度を変えられないことなどが欠点として挙げられます。それらの特性の違いを考慮して使い分けています。
当院でのTULの治療成績は有効率(「術後1~3か月後のレントゲン検査で残石が4mm未満かつ水腎症の消失あるいは改善」と定義)95.7%と非常に高いため、手術適応を拡大したこともあり手術件数が急増しております。
当院のTULは手術前日に入院し、入院期間が4泊5日です。

病気についてはこちらの腎・尿管結石についてご覧ください。

経皮的腎砕石術(PNL)

皮膚から直接腎臓内(腎杯・腎盂・尿管内)に内視鏡を挿入し砕石する方法です。体表(皮膚)から腎内に太い筒(PNLでは外径10mm近い筒を留置可能)を留置できるため(TULでは尿管を経由するため留置できる筒はせいぜい4mm程度)、大きい砕石片も回収可能であり、20mm以上の大きい腎結石が良い適応となります。
当院では手術の安全性と有効性がともに高いことから、近年注目されているTAP(TUL assisted PNL)という術式を標準術式として採用しております。PNL単独ではなく前述のf-TULを同時併用することで安全性と有効性が飛躍的に改善しました。
従来のPNLはエコーで体表から腎臓に針を刺し、その穴を少しずつ広げ、最終的に約1cmの筒を皮膚から腎臓内へ留置します。その際に太い血管を損傷し大出血したり、何とか苦労して腎内に筒を留置したとしても、内視鏡が結石存在部位まで到達できず、結石の一部しか回収できず、残石が多く、追加治療を要することが多いことなどがPNLの欠点でした。
一方TAPでは、尿道から逆行性に尿管を経由し腎臓内まで挿入した内視鏡で、針を刺す予定部位(体表から刺した針が腎内に貫通してくる部位)を腎臓の内側から観察しながら針を刺すことが出来、重要な血管が存在しているであろう部位を避けて針をさせるため血管の損傷が最小限に抑えられ、出血量が非常に減少しました。当院ではTAPを行って輸血を要した症例はなく、高い安全性が担保されました。また、従来のPNLでは一つの結石に対して2回以上PNLを要することも稀ではなかったのですが、当院では2回以上TAPを要した症例はなく、治療が終了するまでの期間も非常に短くなりました。
当院のTAPは手術前日に入院し、入院期間は9泊10日です。

病気についてはこちらの腎・尿管結石についてをご覧ください。